Day 5 後期:理想の身体を手に入れろっ!

Pocket

ダイエットの神髄、有酸素運動っ!

さて、初期のデトックス痩せやすい身体を創り、

中期の筋力トレーニング太りにくい身体を創った次は、

後期の有酸素運動でいよいよ理想の身体創りに入りますっ!

ここまでで基礎代謝の上がった身体なら、

普通に過ごしているだけで余分なお肉が落ちていくのですが

さらに効率的且つ健康的に余分な体脂肪を減らすには、

この段階で有酸素運動を中心とした生活に切り替えていきます

勿論、今までの初期や中期の段階で有酸素運動を禁止している訳ではないのですが

初期ではあくまで発汗デトックスを意識した程度の有酸素運動で

中期では筋力トレーニング(無酸素運動)の比重を多くした方が

後々に爆発的に脂肪が燃焼されていくのです

脂肪を燃やせっ!有酸素運動っ!

後期での有酸素運動は、気になる各パーツごとの筋力トレーニングが終わった後に

高強度のランニングや水泳などを20分以上、1時間以内行います

20分以上というのは、脂肪がエネルギーとして使われ始めるのが運動が開始されて

20分以降というデータがあるからです

1時間以内というのは、男性の場合、筋肉の回復を促すテストステロン値が

トレーニング1時間を過ぎる(オーバートレーニング)と減少していくからです

有酸素運動をより効率的にするには、筋トレを先に行うと、

代謝が高い状態からスタート出来るのでオススメです

後期の筋トレ各1パーツごとに5〜6種目を目安に追い込みます

気になる箇所を重点的に筋トレした後に有酸素運動を行うと

次の日に部分痩せしたように感じます(しっかり追い込んだ場合)

理想の身体を作るレシピ

後期での食事は、中期と同様朝にタンパク質を意識して摂りつつ

全体的に炭水化物を大幅に減らします

ここでのポイントは減らすということで無くすではないことを覚えておいて下さい

炭水化物を摂る時間帯は午前中だけにするようにして下さい

夜はいっさい摂らない事をお勧めします

そして今までと大きく違うポイントは一日の食事回数を5回〜6回に分割することです

今までの3食の分量は変えずに、時間帯を分けてこまめに摂取していきます

というのは吸収しきれなかったエネルギーが脂肪として蓄えられるので

一回の食事の分量を減らす事で、栄養の吸収効率を上げる事が目的です

そして食事の直後は消化の為に体温が上がっている(代謝が上がっている)状態なので

常にその代謝の高い状態を保つように心がけます

早朝6:00 → 朝8:00 → 昼12:00 → 間食15:00 → 夕食18:00

といった具合で自分なりの食事のスケジュールを作ってみましょう

比重は無論 朝>夜 です

秘密のダイエット方法

ここまで初期、中期、後期と全体を3分割にして大まかなダイエットの流れをお伝えしましたが

この方法は実はずっと前から多くの人々が実践してきたノウハウなのです

それは、、、

ボディービルダー達です(。ω°)!!

身体作りのプロフェッショナル、肉体の彫刻家達の英知を

一般人向きにアレンジしたものがこの方法なのです

彼らはオフシーズンに大量に食べてトレーニングでとにかく筋肉を大きくして

大会の前に一気に炭水化物を減らして有酸素運動等で脂肪だけを減少させるのです

一般的に知られているダイエットは食事を減らして、体重を減らすという手法が多いと思っていました

しかしそれは様々な体調不良やリバウンドの原因になっている事は

これを読んでいる人も覚えがある方が多いと思います

健康的に痩せられて、さらに体型を維持するにはどうしたらいいのか

答えは筋肉をつけて脂肪を燃焼させることだったのです

余分な脂肪を無くす事で結果的に体重を減らす事が出来ます

しかし、脂肪は筋肉よりも軽いので、体重を基準に考えると

この方法は目に見えて効果が現れるのが、

後期の段階つまり開始から2ヶ月以上先なのです

ダイエットが続かない理由の一つは、効果がすぐに見えないので飽きてしまうこと

モチベーションを維持出来ない事でしょう

しかし従来のような健康を生け贄に捧げて体重を減らすようなやり方はもうやめましょう

たった3ヶ月でも人は見違えるように変われるのです

そのモチベーションの維持に少しでも貢献出来ればと思います。

今後は期間中の食事やトレーニングについてより詳しく触れていきます

コメントを残す