Day 4 中期:太りにくい身体作り

Pocket

 

基礎代謝を上げて太りにくい身体作り!

さて、初期で1ヶ月間デトックスを促し、ゼロのクリアな痩せやすい身体を手に入れた方は、

次の段階、太りにくい身体作りです。

具体的にどうすればいいかというと、筋肉量を増やすのです!

基礎代謝とは一日にエネルギー(脂肪等)を燃焼出来る数値ですが

筋肉量がないとこの基礎代謝を上げる事が出来ません。

反対に言うと、筋肉があれば然程激しい運動をしなくてもエネルギーの消費効率を上げる事が出来ます

食事制限ダイエットは危険!?

「筋肉増えると足太くなったりするんじゃないの(><)?!」

という疑問にお応えする前に、

従来の「〜抜きダイエット」などの食事制限系ダイエットの危険性について触れておきましょう。

食事を極端に食べないようにすると、一週間くらいで体重が落ちてきますよね?

ダイエットに興味があるかたなら断食等にチャレンジした事がある方も多いかもしれません

しかしその食事制限はリバウンド体調不良の原因を招く、危険性を内包しています。

鋭い方はお気づきかもしれません。

そう、、、食事制限で落ちている体重は、

脂肪ではなく筋肉なのです
!!

筋肉は脂肪よりも重いので、体重の減少を目標にすると

食事制限をした時に、目に見えて成果が現れやすいようにも見えます。

しかし食べない事で体重が落ちた後は、代謝が落ちているので、

食事を戻すと前よりも太りやすい身体に

エネルギーだけ供給されるようになります→消費しきれなかったエネルギーが脂肪になります

結果的にリバウンドしやすい身体になってしまうのです!

筋肉をつけたらどうなるの?

「筋トレをしたら太くなるじゃ〜ん(><)」

と言い訳して筋トレをサボってきた人にお知らせです!

筋トレをしても筋肉は太くなりません

というより出来ません(少し極端な言い方ですが。)

なぜならボディビルダーのようなあの太い筋肉は一日に5〜6食の大量の食事を摂りつつ

血の滲むような鍛錬の結晶でやっとあの太さなのです

逆に筋肉を太くしたいと願っても

一般人が出来る範囲での筋トレで、筋肉を太くする事は結構難しいのです。

筋肉を太く出来る程ストイックならダイエットに困っていないはずですw

(と女性寄りの見解を述べましたが、男性向きに筋トレで筋肉を太くする情報も後日随時発信します)

脂肪燃焼に効率的な筋トレとは!?

では、脂肪の燃焼に効く筋トレとはどのような者でしょうか?

応えは大きな筋肉を鍛えると代謝が高まります

パーツで言うと脚、背中、胸等でございます。

ダイエットで筋トレというと腹筋のイメージが強いと思います

何百何千回と腹筋をやってもお腹が割れない、くびれが出来ないと嘆いた経験もあるのでは?

実は元から腹筋は誰でも割れているのですが、

その凹凸を脂肪さんが見えないように邪魔してるのです

急がば回れで、背中や脚の筋肉を鍛えて、基礎代謝を上げて脂肪を減らすと

腹筋をしていなくても、うっすら腹筋の筋が浮き上がってくるようになります。

そこから初めて本格的にお腹周りのトレーニングをすると、モデルのようなくびれとかっこいい腹筋が

手に入るのです。

なので中期では主に大きな筋肉である脚、背中、胸の筋肉を中心にローテーションで鍛えていきます

普段運動をしていなかった人は、毎日スクワット10回でも相当効いてくると思います

余裕がある人は限界まで追い込んで、次の日は筋肉痛になっていない別のパーツを追い込んでみて下さい

背筋ってどうやって鍛えるの?と思った方も多いと思います

手っ取り早いのはジムに行く事ですが、時間が摂りにくい方は自宅でもバーベルなどを使って

短時間で鍛える事が出来ます

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=l3changetheli-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B00R3MZITG&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=l3changetheli-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B00OSVKJNK&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr

具体的なトレーニングノウハウについては後日言及します。

筋肉を増やす為の食事って?

筋肉を増やす為に必要な栄養素、、、それは

タンパク質です

巷では鶏のササミがいいなんてよく言われていますが、その通りです

中期では意識してササミ等の脂身の少ないタンパク源を摂りますが

女性の場合は大豆タンパク質を摂取するといいでしょう

豆腐などに含まれる大豆タンパク質エストロゲン(女性ホルモン)に似た成分を含みます

夜は豆腐で朝はチキンやタマゴを摂るといいでしょう

タマゴもタンパク質の摂取には欠かせないパワーフードなのですが、

たまにコレステロールが気になるという方がいます

コレステロールも善玉と悪玉があるようで、

タマゴはいくら食べても健康に害があるという結果は出ていないようです

筋トレの心の友、プロテイン!

プロテインと聞くと、ゴリゴリのマッチョが飲んでる飲み物と言うイメージでしょうか?w

実はプロテインは普段不足しがちな栄養素が満点で、健康や美容にもいいのです!

タンパク質だけでなく最近のではビタミンやミネラルを含有している者もあります

一時期前にプロテインダイエットが流行りましたね!

プロテインはまずいという印象を持っている方、最近のは普通に美味しいです。

勿論、生産元によって味の違いはかなりありますが、昔の薬のようなプロテインに比べると

チョコミルク感覚で飲めるものやスムージーに混ぜて違和感ないものが増えています

女性の方も積極的にプロテインを摂取するべきではないでしょうか

KENTAIでは大豆タンパク質100%のソイプロテインも販売しています

含有率の高いオススメのプロテインも紹介しておきますね

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=l3changetheli-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B000BT7G6G&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=11=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=l3changetheli-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B01L1NX33K&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr

コメントを残す